肌トラブルを防いで腕の脱毛をするには

腕は人目につきやすい部位なので、常にお手入れが欠かせない女性は少なくないはずです。カミソリは手軽に脱毛できるので、頻繁にカミソリで処理をしている方もいるのではないでしょうか。しかし、カミソリでの頻繁なお手入れはおすすめできません。カミソリで脱毛をすると角質まではがれてしまい、肌のバリア機能が低下します。肌内部の水分が蒸発しやすくなって肌が乾燥し、乾燥した状態を放置していると色素沈着ができてしまいます。
肌の状態をよく保って腕の脱毛をしたいなら、シェーバーや家庭用光脱毛器での脱毛がおすすめです。

 

シェーバーは直接肌に刃が触れないので、カミソリに比べて肌への負担が少ないです。肌が乾いた状態でシェービングをすると負担になるので、ローションやクリームを使用してシェービングをしてください。同じところを何度も剃ると肌が傷つくので一度で剃るようにします。

 

家庭用光脱毛器はメラニン色素に反応する光を使用しています。毛の色素に反応して光が吸収され、熱のダメージで毛が抜け落ちるようになります。肌に直接影響を与えないので負担が少なく、色素沈着ができにくいです。

 

どんな方法で脱毛をしても、脱毛後には保湿をしましょう。脱毛後の肌は弱くなっているので、刺激が少ないクリームやローションで保湿をして肌を保護します。